2012年06月12日

ネイリストの「ドリームアカデミー」もお勧め:英会話をする前に・日本人の手先の器用さを米で生かせる

アメリカとは、特技や個性を尊重する国民性。世界はアメリカを中心に回っていると思っており、英語や英会話ができて当たり前。特技や個性がないと「乞食でも英語を話せる」と皮肉を言われがちです。

このため、何か特技を身につけたから渡米する方法として「東京すしアカデミー」で一年勉強することをお勧めしましたが、ネイリストの専門学校の「ドリームアカデミー」もお勧めです。

4848-1329310198-3.gif

ネイリストの専門学校の「ドリームアカデミー」は、半年のエリートコースのでジェルネイルを習得できる凝縮カリキュラム。さらに120時間は,実際のお客様を施術できる独自プログラムを実施。ジェル使い放題。講師の手元に大型モニターに映し出す「CCDカメラ」、5秒硬化の「LEDライト」、欠席した授業の同録映像を使った「補修プログラム」など最新の機器を使用。入学月は年4回。

日本人は手先が器用ですから、アメリカでも競争していけます。英会話は、渡米して、一年すれば、何とかできるようになります。

無料資料請求や学校見学のできる格安ネイルスクールのドリームアカデミー

posted by カゼ at 17:23| 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語は基本の10個の動詞を覚えれば日常英会話の70〜80%はできる:わいわい英会話・TOEIC980点の網野智世子

わいわい英会話が、「英語は、基本の10個の動詞を覚えておくだけで、日常英会話の70〜80%は出来るようになると言われています。そこで、今日は基本の動詞を完璧に覚えることができる音声を用意しました」と言っています。半年でTOEIC980点獲得の網野智世子さんの言っている事と同じですね。

come / get / give / go / have/ keep / make / put / run / take。

わいわい英会話の基本動詞のトレーニング

現在、TOEICや英会話教材でほとんど人気一番の「TOEIC980点獲得!ラクラク英語マスター法」の著者の網野智世子さんは「外国語を早くマスターするには、たった一つのことに気づくだけ」と言ってますが、そのたった一つのこととは、動詞に重点を置いて勉強することです。網野智世子さんはこの方法で、30歳からTOEICを勉強し始め、半年後の初挑戦で980点獲得。

posted by カゼ at 16:36| 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

「東京すしアカデミー」は海外転職に有利:1年ですし技術を身につけ渡米・英会話は現地で1年で何とかなる

英会話を習得するには、日本で何かアメリカで通用する技術を身につけてから、アメリカへ転職か就職する方法もあります。1年もアメリカで生活すれば、英会話はなんとか話せるようになります。

アメリカやヨーロッパやアフリカやアジアは、健康食ブームで和食ブームです。

すし職人の技術を日本で身に付けてから、渡米するのも良いですね。

東京テレビの「ガイヤの夜明け」などテレビや雑誌によく取り上げられている「東京すしアカデミー」はその点、お勧めです。



「東京すしアカデミー」(東京・西新宿)は、日本でたった一つ、本格的な寿司職人を育成している学校で、飯炊き3年、握り8年といわれる寿司職人の一通りの技術をたった1年で身に着けられる独自のシステム。海外で就職するのに有利な寿司のスキルを1年で身につけられる。

講師はテレビチャンピオン優勝者をはじめ寿司職人歴20年以上のベテラン。

専任のカウンセラー、就職担当がおり海外就職へも万全のサポート体制。卒業生のうち500名も続々と海外就職の夢を実現。

私も、何回かアメリカに行っていますが、アメリカでは何か特技を持っていると一目おかれ、皮膚の色や語学力のハンディキャップをカバーできますね。そうでないと、その逆、、、。語学力があっても特技がないと、「乞食でも英語話せる」と皮肉られ、苦しいですね。

東京すしアカデミー」の無料資料請求



posted by カゼ at 21:58| 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

英会話・英語教材売り上げランキング:2位に文法無用で24日で覚える

12/27の英会話・英語教材売り上げランキングでは、1位は「TOEIC980点獲得!ラクラク英語マスター法」、2位は「24Days English 24日間で英語を覚える学習法〜ロコモーティブメソッド〜 」、3位は「英語バイリンガル育成プログラム リスニングパワー」です。

1位TOEIC980点獲得!ラクラク英語マスター法」、、、網野智世子著の根強い人気継続の教材です。2006年の発売以来、高い効果のため、トップクラスの人気を維持。日本人は、ヒアリングが苦手で、TOEICやトーフルで泣かされます。最後の受験対策として、ヒアリングでは、一番そうでないと思うものを選ぶと正解の確率が上がり、5-10点アップ可能(苦笑)

2位24Days English 24日間で英語を覚える学習法〜ロコモーティブメソッド〜 」、、、2011年10月発売。英会話学校経営の島田勝弘著。上智大学のアルフォン教授の英語上達法を解説。難しい文法覚える必要なし。接続詞、代名詞、分詞構文、前置詞無用。最初は「何をした」と言うだけの、短文を覚えるだけで全然問題ありません。まずは英語で物事を伝えられるようになることに集中して学びます。

shimada_01.jpg

実は、このように簡単な短文に集中して学んでいるうちに、いつの間にか、「いつ」「どこで」「誰が」「何をした」というような長文も話せるようになってしまうように作られているのです。

5歳から上は80歳のご婦人まで、誰ひとり諦めることなく、英語が話せるようになっています。 この英語学習法を学ばれるとわかると思いますが、 諦めるという発想すら湧かないでしょう

3位英語バイリンガル育成プログラム リスニングパワー」、、、スコットベリーの30日で英語耳になる。

アメリカ人言語学者、スコットペリーはこれまで22年間にわたり2000人以上の日本人の発音矯正を指導。日本人の発音矯正テクニックや日本人をバイリンガルにするメソッドを培ってきました。そのなかにはハリウッド映画に出演する有名芸能人たちも数多くいます。
posted by カゼ at 13:37| 英会話教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

英会話勉強スタート時のポイント

私の英会話@最新情報というブログもひんぱんに更新していませんが、その割には毎日アクセスがあります。

私もトーフルの専門学校にも2校行き、毎日英会話のテープを4時間以上テープレコーダーで5年間ほど聞いていた時期があります。

スタートでは、とにかく中学1年生、2年生程度の英会話を馬鹿にせず繰り返し聞くことですね。とにかく東大出ていても、アメリカに行ってアメリカ人の幼児との会話ができないですから、、、。発音の仕方が全然異なり、日本で習った単語や発音を全部忘れて、白紙でスタートする必要があります。自尊心とうぬぼれを捨てる必要があります。

日本で習ったこと、覚えたことが、英会話の邪魔になりますから、、、。

中学1年生、2年生程度の英会話がわかるようになれば、洋画の会話が半分わかるようになり、アメリカ人同士の会話の詳細はわかりませんが、会話の主題がわかるようになり、英会話の勉強の面白みがわかります。
posted by カゼ at 13:43| 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。